いつか可愛いおばあちゃんになれたら。

35歳からおばあちゃんになる日まで、日々の想いをつづる日記。

梅シロップ作り。

のんびり暮らせるような余裕ができたらやろう と思っていた梅仕事。 今年の目標は自分を癒すこと。 できないと思っているけれど本当はできることを どんどんやってあげようと決めた。 余裕のある生活なんて 受け取るものではなく 自ら選ぶものだった。 梅の…

不幸な人の、不幸話には。

私の母は自他ともに認める苦労人である。 私の友人にも荒れた家庭を今でも面倒見たり 離婚した弟の妻への養育費を肩代わりしたりと ものすごく苦労している子がいる。 私はこれまで 自分の周りに苦労性な人が多かった。 そういう人たちの話を聞くことになん…

キテレツおかん。

娘が選んでくれたお花。 「キテレツおかん」という言葉はナツコ!さんという方が インスタグラムでなかなかの癖強なお母さんのことを そう表現されていて、ナツコ!さんはとても愉快に お母さんの言動(ちょっとひどいかもと思うようなレベルのものも含めて…

感情麻痺。

昨日テレビでリオのダンサーが泣いている姿を観た。 不遇な生い立ちでカーニバルのダンサーになったが ダンサーとして影響を受けた父親が亡くなり ダンス本番の場所から父の墓標が見えたと 涙ながらに話していた。 それを観て、私にこの人のように 涙するも…

貢ぎ物。

自分が欲しい物は欲しいと ちゃんと認めて 与えてあげようと思う。 それを小さな私(小さなユイちゃん)への 貢ぎ物と考えることにした。 満たされない少女時代を過ごした 小さなユイちゃんはすぐ拗ねる。 自分がなんでこんな気持ちになるんだろう と考えた…

「無駄」という概念について。

私の思考の癖に「これ無駄かなぁ…」というのがある。 「これ」というのは時間であったり、行動であったり色々。 自分の行動や思考に対して「無駄かな」と不安になる度、 モヤモヤした気持ちを伴っていた。 ではなぜ「無駄」と考えるのか。 「無駄」って何だ…

合理的な判断をしたくない時。

合理的な判断を今、どうしてもしたくない。 合理的に考えれば前職に復帰した方が良い。 けれど、それをしたくない。 賃金や勤務地、勤務時間帯を考えても どうしたってベストと言える。 だけど、選びたくない。 数年だけでも復職すれば 気持ちも特に懐が安定…

デイトレードの行方。

デイトレードを始めたのは先週の木曜日。 初日は損失ばかりで、しょげていたけれど…。 1週間で損失分の金額を取り戻してきた。 昨日は13回エントリーして、12勝1敗。 かなり健闘してきている。 調子に乗りすぎず、 波に乗りたい。 億トレーダーのテスタ君が …

さっそく。

昨日朝ランニングのことをブログに書いたら 今日はさっそく寝坊してできなかった。笑 目覚まし用の腕時計をつけるのを忘れていて 起きたら6時だった。 筋トレと身支度して、次女のお弁当作り。 三女が風邪で保育園をお休みすることに。 私もちょっと喉に違和…

昼ランから朝ランへ。

今日、夫が育休から仕事復帰する。 ということは必然的に私は自分の時間を取ることが難しくなる。 これまで夕方に子供を見てもらってランニングに行っていたので 行けない日が出てきそうな予感。 満足のいく1日にするためには 気合いを入れて朝から臨まなけ…

未完。

今日の日経新聞の『春秋』に 美術家の横尾忠則さんのことが書いてあった。 神戸に住んでいた時、灘区にある横尾忠則現代美術館に足を運んだ。 ちょうど仕事のことで陰鬱な気分の時だった。 モヤモヤした気分のまま入場して、衝撃を受けた。 独創的。そして自…

赤い傘。

傘を新調した。 憧れの上品な赤い傘。 私が中学生の頃放送された 『やまとなでしこ』というドラマで 雨のシーンがあった。 その回のラストでMISIAのeverythingをバックサウンドに 赤い傘をさして登場する松嶋菜々子。 上からのアングルで雨に濡れたアスファ…

私の証明。

赤ちゃんは胎児期(お母さんのお腹の中にいる時)と 幼児期(新生児の時も含めて)もしっかり意識があり お母さんお父さんの声や話の内容、 さらには感情まで理解しているらしい。 女性で罪悪感や自己否定が強い人は 赤ちゃんの時に親や親族が「女の子だと困…

誠実に生きていれば、いつかは。

今日インスタグラムとユーチューブを見ていたら 偶然「誠実」という言葉が2回出てきた。 どちらも「誠実に生きていれば人生は自然といい方向に進むよ」 というような内容だった。 全く別の人の投稿なのに同じ内容が重なるのはメッセージかなと思った。 今、…

子供のおかげで、気づいたこと。

物事には二極の側面がある。 奪われることもあれば、与えられることがある。 今、0歳の三女の夜泣きで睡眠不足だ。 寝不足だと悲観的になる。 子供達の声も喧騒に感じる。 子育てで圧倒的に辛いのはこのまともに眠れないことだと思う。 その反面、ギフトがあ…

女性性は武器か急所か。

今、「あざとい女性」が注目されているらしい。 私が10代の頃、女子の悪口の鉄板は「ぶりっ子」だったと思う。 (「ぶりっ子」と言われたくなくて無理にクールに振る舞っていたような…。) 「ぶりっ子」は(特に男子に)可愛く思われたい、愛されたい為の表…

どんどん重荷になるばかり。

毎日、日経新聞に目を通していると見ない日は無い 女性を社会でいかに活かすかという話題。 ここ数日よく取り上げられていたのは大学の理系学部に 女性枠をつくる話辺りだろうか。 少子高齢化かつ外国人労働者も足りない状況で 女性にもっと活躍させて社会の…

『すでに在る』

すでに在る。 お金も、完璧な体も、愛も。 (なんか詩っぽくなっちゃった) お金もっと欲しいなー、とか もっと綺麗になりたいなー、とか 自分に足りないものばかりにフォーカスして 焦ってばかりだった。 どうしたらもっと良くなるのか、増えるのか。 ここ…

険しい顔。

街中で通り過ぎる人達の顔をよく見てしまう。 目が合うと気まずいのであまり良く無いのかなとも思うけど。 東京の人は人が多いのに慣れているのか、私が田舎出身だからか。 電車に乗る瞬間も、乗ってからも、降りる時も ずっとスマホから目を離さず周囲に一…

自分を愛するために必要なこと。

「自分を愛するために必要なのは 自分を批判しないことだ。 もう一つは自分を怖がらせないことだ。」 とインスタグラムで誰か知らない外国の女性が言っている動画を見た。 自分にとってのYesを 選び続けることは 意外と難しい。 それに比べNoを選ばないこと…

ハラスメントする側の想いとは。

もう7年ほど前の話。 私が一人目の子を妊娠した時 職場の上司である女性が 「あなたが妊娠したせいで私は夜も眠れない」 「絶対に辞めさせてやる」 と感情的になって何度も叱責された。 (そのほかにも色々言われたが私の幸せのために現在は記憶から消去した…

IQが20違う相手とは話が合わないらしい。

「IQが高い」 「一般的な勉強ができる」 「頭の回転が速い」 それぞれ少しずつ違うと思うし 社会で必要な要素もその時々で色々だと思う。 私はゆっくり文章を考えるのはできるけど 突発的に人前で話すのは苦手。 (自己紹介とか短文になりがち) こういう時…

やっと行けた、お花見。

今年は都合のつく日は雨が多かったから やっとお花見ができた。 満開よりはボリュームが減っていたけれど ちらちら散りかけていて 風が吹くと綺麗。

予想以上に大変な時、ちょっとワクワクする。

この4月に我が三姉妹が 保育園、幼稚園、小学校にそれぞれ入園・入学して 現在てんてこまいな状況。 始まる前はのん気に新しい環境楽しみだなぁと思ってた。 ちょっと舐めてた部分はある。 連日の準備物(必要なものを買いに走る日々。雑巾、雑巾、雑巾!) …

偉そうなこと言ったけど。

昨日のブログで偉そうなこと言ったけど、 早々と今日とってしまった。 ファイティングポーズ。 その人はいつも言葉の圧が強い人。 会話もキャッチボールというよりドッジボールの球みたいに投げてくる。 初めは柔らかい球で返してたけど、だんだんイライラは…

ファイティングポーズをとらないこと。

今日は長女の小学校入学式と次女の幼稚園入園式のダブルだった。 午前と午後でそれぞれ。 もうくたくた。 特に小学校の方はドキドキで これから6年間通うのかと思うと ここは大丈夫な学校かとか 任せられる先生なのかとか ちょっとガラの悪そうな保護者がい…

セレモニー服の着こなし。

明日は長女の入学式と次女の入園式が被っている。 午前と午後だからまぁこなせなくはない。(本心は勘弁してよという気持ち‥) 三女は保育園にお願いしている。 今年度はセレモニー服を新調した。 長女の卒園式と含めたら三回着る機会があると思ったので 手…

「まぁいっか」で運気を上げる。

人と会うと喋りすぎてしまう。 ナチュラルな自分でいたいのに、人前だと取り繕いがち。 そしてあの言葉余計だったな〜!とか後で反省会開きがち。 一(1 いち)聞かれたから、一(1 いち)返すのが相手を心地よくさせるらしい。 一(1 いち)聞かれたのに、…

いつも犬がいてくれた。

幼少期は親が不仲で家がピリピリした雰囲気だったので 寂しい時は犬と一緒に時間を過ごすことが多かった。 誰にも理解や興味を持ってもらえない孤独な気持ちを 犬を抱きしめることで癒されていた。 周りに気にかけてくれる人間はいなかったけど いつも犬がい…

「唇が綺麗な人。」

まだ20代だった頃。 母からCHANELのリップグロスをもらった。 今はもう廃盤になったナチュラルなピンクベージュ。 気に入って毎日使っていた。 ある日、できたばかりのスイーツのお店を覗いた。 その日はちらっと見ただけで、後日改めてまた買いに行った。 …